プロフィール

うしやまかつみ(事務局)

Author:うしやまかつみ(事務局)
宮島沼プロジェクトチームの事務局をしています。普段は宮島沼水鳥・湿地センターの中でパソコンと格闘しているか、外で草刈り(夏)か除雪(冬)かマガンを数えて(春と秋)います。地域のみなさまに支えられて宮島沼歴は早15年になりました!

お知らせ
バナー01
宮島沼カントリーフェス

バナー02
ふゆみずたんぼin宮島沼

バナー03
宮島沼あぜ道フットパス
雁太のつぶやぎ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

ぶらしっち~初夏の農家ランチ付きガイドウォーク~

今年度最初のぶらしっち。
テーマは「防風林に残る石狩湿原の痕跡を探し、開拓の歴史を紐解く」でした!

今年は北海道命名150周年とのことですが、150年前の宮島沼周辺は手つかずの原野が広がっていました。
石狩川近くには氾濫によって土砂が堆積した自然堤防、樹林湿地やヨシの湿原があり、宮島沼をはさんで東側の内陸部には泥炭が厚く堆積したミズゴケの湿原があったと考えられます。

大正時代の地図を見ると、石狩川沿いの肥沃な土地から開拓され、「大富原野」と呼ばれた内陸部はまだ手つかずの状態だったことがわかります。
2018-06-10_14-11-18_468.jpg
「大富原野」の開拓がはじまったのは戦後の昭和31年からで、草花が咲き乱れ、様々な生き物の宝庫だったであろう湿原は瞬く間に消え失せてしまいました。

今回のぶらしっちは、開拓期の原野に排水路を掘ってヤチダモなどを植栽してできた防風林の林床に、今もかろうじて残る湿原の痕跡を探しました。

なお、今回はスペシャルゲストとして美唄の植物にもっとも詳しい(!)新田紀敏さんにいらしていただき、こんな素敵な冊子を作っていただきました!
2018-06-10_14-10-28_792.jpg
ハンドブック片手に出発です!


スポンサーサイト

ふゆみずたんぼオーナーズ 田植え&BBQ!

天気予報は晴れ!
2018-06-03_10-20-10.jpg
それなのに雨粒ぽつぽつ、なかなかの強風というコンディションでしたが、
気温は暖かく、いい田植え日和です。

最初はわいわい、徐々に黙々と(!?)イネを植えます。。
2018-06-03_10-22-23.jpg

二時間もかからないくらいで田植えが終わりました!
2018-06-03_11-18-07.jpg

田植え前のオーナー田んぼを少しふりかえると…
2018-05-14_11-36-51.jpg
5月14日に最初の代かき。

その後、一回水を落としました。
そうすることで好気的な条件で発芽するヒエを出させようとしたですが、
2018-05-29_07-59-35.jpg
見事にびっしりと生えてくれました。

そして5月31日に2回目の代かきをしてヒエを浮かせたり練りこんだりして退治し、田植えを迎えました。
一回雑草が発芽して少なくなっている…はずなので、次回の雑草抜きは少し楽になっていると思います。

田植え後は恒例のBBQ。
P6031162_R.jpg
次回は7月1日(日)。
雑草の草抜きと田んぼの生きもの調査です!

【募集】 ぶらしっち~夏の農家ランチ付きガイドウォーク(6/10)~

季節やテーマで吟味した、その日オリジナルのコースをスタッフがご案内。気持ちよく歩いたあとは、こめ粉食Love(地域の農家のお母さん達)が作る地場産・旬野菜たっぷりのお昼ご飯をいただきます。

今回のテーマは…
幻の大湿原「石狩湿原」の痕跡を探す!
2018-05-05_12-45-58.jpg

【 日時 】 2018年6月10日(日)10:00~14:00ごろ (受付9:30~)
【 場所 】 宮島沼水鳥・湿地センターに集合
【 定員 】 15名(先着順)
【 申込 】 6月3日(日)までに、参加希望者のお名前、ご住所、緊急時の連絡先を、宮島沼水鳥・湿地センター(担当:牛山)まで電話(0126-66-5066)かメール(mwwcアットマークdune.ocn.ne.jp)でお知らせください。
【 参加費 】 おひとり2,300円(保険・昼食代含む)
【 持ち物 】 歩きやすい服装・靴、帽子、飲み物、汗を拭くタオルなど
※悪天候の場合は中止することがあります。あらかじめご了承ください。

2016-06-14_085033069_2B6F1_iOS.jpg

<2018年 ガイドウォーク 今後の予定>
第二回 8月19日(日)10:00~14:00
第三回  10月21日(日)10:00~14:00
第四回  2月17日(日)10:30~13:00

田んぼシーズン到来! オーナー説明会&種まき

マガンも北に帰り、タネツケバナが咲き始め、田んぼシーズンの到来です!

2018-05-05_12-43-29.jpg

センターでのオーナー説明会の後は「さかもとファーム」に移動して種まき体験です。

ポット式の育苗箱に…
2018-05-06_13-56-25.jpg

ふゆみずたんぼ 2018オーナー募集中です♪

今年もふゆみずたんぼのオーナーさんを募集しています。
田んぼのさまざまな生きものを守り育み、美味しいお米まで頂いてしまおうという『ふゆみずたんぼin宮島沼』。
DSC_000rt5.jpg

5月から10月の半年間、月一回のイベントでは、種まき、田植え、雑草取り、田んぼの生きもの調査などの「お米づくり体験」に加えて、石窯でピザづくり、米粉で秘密のレシピづくりなどの「田舎の食体験」も楽しめます。

限定25区画の『ふゆみずたんぼオーナーズ2018』は、絶賛ご予約承り中です♪

田んぼの生きものを育み、湿地を守る「ふゆみずたんぼ」のオーナーになってみませんか?

なお、2018年度の活動予定は、以下の通り。

5月6日(日) 13:00-15:00頃 オーナー説明会・播種
6月3日(日) 10:00-15:00頃 田植え
7月1日(日) 10:00-14:00頃 草取り&田んぼの生き物さがし
7月29日(日) 10:00-14:00頃 イネのお花見&益虫・害虫観察 
9月下旬~10月上旬 稲刈り
10月下旬~11月上旬 収穫祭

オーナー料:25,000円(1区画/1シーズン)
※1区画=1アール
収量は、気候などの条件により変動しますが、50kg前後になることが多いです。

毎年大変ご好評をいただいており、すぐにご予約が埋まってしまいます。
ぜひお早めに、お問合せ・お申込みください。

<お問合せ・お申込み>

宮島沼水鳥・湿地センター
電話:0126-66-5066  FAX:0126-66-5067
mail: mwwcアdune.ocn.ne.jp(アを@に変えて送信してください)

昨年の活動の様子はコチラ。
19830331_721455668026886_1846370167_o.jpg

2017-07-09_10-24-58.jpg

2017-10-01_11-28-11.jpg


2017-08-06_13-37-35.jpg

2017-07-09_12-52-49.jpg

2017-10-22_12-55-43.jpg



<ふゆみずたんぼオーナーとは?>

宮島沼のすぐ隣にある「ふゆみずたんぼ」のうち、1区画をマイ田んぼとして田んぼ作業を楽しみ、秋には収穫した美味しいお米が食べられるという制度です。しかも収穫したお米はすべてオーナーのもの、年によって収量は変化しますが、だいたい1区画あたり50kg前後になるかと思います。

・1区画    100㎡
・オーナー料 25,000円(1区画あたり、1シーズン)
・収穫したお米は全てオーナーのもの!(1区画あたりだいたい50kg前後、年によって変動あり)
・種まき、田植え、草取り、イネの花見、稲刈りなど、田んぼの作業にご参加いただけます
・田んぼ作業日には、お米や米粉を使った食事も楽しめます(食イベントのみ参加費別途)


<ふゆみずたんぼとは?>
冬期湛水や二回代かきなどの技術を組み合わせ、農薬や化学肥料に頼らず丈夫な稲を育てる農法です。
環境にやさしく、さまざまな生きものを育む農法として、世界的にも注目されています。
宮島沼では、沼の富栄養化や乾燥化への対策の一つとして実施し、成果を検証しています。