プロフィール

うしやまかつみ(事務局)

Author:うしやまかつみ(事務局)
宮島沼プロジェクトチームの事務局をしています。普段は宮島沼水鳥・湿地センターの中でパソコンと格闘しているか、外で草刈り(夏)か除雪(冬)かマガンを数えて(春と秋)います。地域のみなさまに支えられて宮島沼歴は早15年になりました!

お知らせ
バナー01
宮島沼カントリーフェス

バナー02
ふゆみずたんぼin宮島沼

バナー03
宮島沼あぜ道フットパス
雁太のつぶやぎ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらしっち~秋の農家ランチ付きガイドウォーク(10/15)~

季節やテーマで吟味した、その日オリジナルのコースをスタッフがご案内。気持ちよく歩いたあとは、こめ粉食Love(地域の農家のお母さん達)が作る地場産・旬野菜たっぷりのランチをいただく人気企画、『ぶらしっち~秋の農家ランチ付きガイドウォーク』が開催されました。

今回のガイドウォークのテーマは…
宮島沼の原風景と歴史をたどるガイドウォーク Part3、『再発見された馬頭観音?馬と地域のかかわりを探す!』でした。

石狩湿原の開拓は、明治から昭和初期にかけての人馬を主体として開拓と、戦後の機械化された大規模な開拓に大きくわけられます。明治からの開拓は主に河川沿いの肥沃な土地(樹林湿地やヨシ群落)から徐々に進められましたが、戦後の開拓では貧栄養で超軟弱地盤である高位泥炭地(ミズゴケやスゲの湿原)を含めた大改造が行われ、石狩湿原は瞬く間に消滅することになります。

明治の開拓当初は人力主体の開墾でしたが、ある程度田畑が整備された大正期に入ると、馬は農作業に欠かせない家畜として一家に一頭飼育されるようになります。
IMGwer_9016.jpg

朝から晩まで、時には馬のお腹まで埋まる湿田でプラウを曳き、「馬は大変だった」という声を聞きます。
原野の名残である底無しの谷地まなこに落ちて死ぬ馬もあったそうです。農家も朝晩の草刈りなど苦労はあったそうですが、馬は家族同様に扱われ、大切にされていました。馬が病気やケガで死んだ際には手厚く供養され、人がなくなったときと同様に香典が渡され、そのお返しに馬肉が配られました。

こうした時代に、馬を供養し、農作業の安全を祈願する馬頭観音が各地に祀られました。
今回のガイドウォークは、地域で唯一の、しかも偶然に再発見された『馬頭さん』を見に行きました。

その途中…





スポンサーサイト

ぶらしっち~秋の農家ランチ付きガイドウォーク(10/15)~

季節やテーマで吟味した、その日オリジナルのコースをスタッフがご案内。気持ちよく歩いたあとは、こめ粉食Love(地域の農家のお母さん達)が作る地場産・旬野菜たっぷりのお昼ご飯をいただきます。

今回のガイドウォークのテーマは…
宮島沼の原風景と歴史をたどるガイドウォーク Part3、『再発見された馬頭観音?馬と地域のかかわりを探す!』です!

IMGwer_9016.jpg

【 日時 】 2017年10月15日(日)10:00~14:00

【 場所 】 宮島沼水鳥・湿地センターに集合
     ※10時スタートですので、事前に受付をお済ませください!

【 定員 】 15名(先着順) 

【 申込 】 10月8日(日)までに、参加希望者のお名前、ご住所、緊急時の連絡先を、宮島沼水鳥・湿地センター(担当:牛山)まで電話かメールでお知らせください。電話:0126-66-5066 メール:mwwc@dune.ocn.ne.jp 

【 参加費 】 おひとり2,300円

【 持ち物 】 歩きやすい格好、飲み物など

なお、『農家ランチ付きガイドウォーク』は年4回開催予定です!
今年最後の「厳冬の農家ランチ付きガイドウォーク」は来年2月に開催予定です。

P1010wert863.jpg

2012-11-15ge_14-37-08.jpg

ぶらしっち~夏の終わりの農家ランチ付きガイドウォーク

地域の歴史と自然の原風景をたどる 『ぶらしっち』。
今回のテーマは 『幻の神社の沼と富樫ビーチを探す』 ガイドウォークでした!

出発地点は地域の大富神社。
2017-08-20_10-13-46.jpg

大富神社は、明治26年にできた大曲神社と明治27年にできた富樫神社が、石狩川の築堤工事によって移転を余儀なくされ、昭和36年に合社してできたものです。その際、富樫神社に祀られていた天照大御神を大富神社の代表祭神とすることとしましたが、ご神体は深夜にローソクに火を灯して移動されたとのことです。

今回のテーマである 『神社の沼』は、かつての富樫神社を囲っていた沼。
20170820shrinepond.jpg
「水面に映る光景は他の地で見ることはできなかった」とされ、他地域からも何百人と人が集まった例大祭、相撲、芝居、映画の上映などたくさんの催しがあり、大いににぎわったそうです。

【募集】 ぶらしっち~夏の農家ランチ付きガイドウォーク(8/20)~

季節やテーマで吟味した、その日オリジナルのコースをスタッフがご案内。気持ちよく歩いたあとは、こめ粉食Love(地域の農家のお母さん達)が作る地場産・旬野菜たっぷりのお昼ご飯をいただきます。

DSC_0587.jpg


今回のガイドウォークのテーマは…
『幻の美唄ビーチと富樫神社の沼を探せ!宮島沼の原風景と歴史をたどるガイドウォーク Part2』です!!
宮島沼の周囲を歩き、湿原の痕跡や開拓の史跡を紹介しながら、宮島沼の原風景と歴史を紐解きます。

【 日時 】 2017年8月20日(日)10:00~14:00

【 場所 】 宮島沼水鳥・湿地センターに集合
     ※10時スタートですので、事前に受付をお済ませください!

【 定員 】 15名(先着順) 

【 申込 】 8月13日(日)までに、参加希望者のお名前、ご住所、緊急時の連絡先を、宮島沼水鳥・湿地センター(担当:牛山)まで電話かメールでお知らせください。電話:0126-66-5066 メール:mwwc@dune.ocn.ne.jp 

【 参加費 】 おひとり2,300円

【 持ち物 】 歩きやすい格好、虫よけ、飲み物など

P1000914.jpg

なお、『農家ランチ付きガイドウォーク』は年4回開催予定です!
10月15日(日) 秋の農家ランチ付きガイドウォーク
開催日未定  冬の農家ランチ付きガイドウォーク

ぶらしっち~初夏の農家ランチ付きガイドウォーク~

今年度最初の『農家ランチ付きガイドウォーク』は晴天に恵まれました!

今日のテーマは「宮島沼の原風景と歴史をたどる (パート1)」。
2017-06-18_10-15-44.jpg
古い地図や航空写真をもとに、150年前まで地域に広がっていた
原自然をイメージするところからスタートしました。

石狩川流域には広大な湿原(泥炭地)が広がっていましたが、
川に近いほうから湿地林、ヨシの湿原、スゲも入り混じる湿原、ミズゴケの湿原と
様相が変わっていったと考えられます。

宮島沼周辺では、
「石狩川沿岸一部を除いて樹林湿地が多く、南東部は深い泥炭地であった」と記録があり、
宮島沼の北側は「沼が泥炭で埋まり湿地になり、高層湿原(ミズゴケの湿原)へ移行状態」
南側は「一帯がキタヨシの大草原」、東側は「少し高くなった大地の疎林にカタクリが群生」
していたような景観でした。

そんなことを紹介しつつ、ガイドウォークがスタート。
2017-06-18_10-24-41.jpg
ミズゴケ湿原再生区でちょうどツルコケモモのお花が咲いていました。

原野に咲いていたカキツバタ、自然堤防の湿地林に咲いていたチョウジソウ。
2017-06-18_10-39-17.jpg
そんな湿原の生き証人を探しながら歩きます。

宮島沼の名の由来となった宮島佐次郎さんは、明治23年入植。
宮島沼南端から樺戸道路にかけた樹林湿地を切り開き、50間(90m)ごとに排水溝を掘って
原野を開拓していきました。

明治33年ごろには足踏み式水車を自作し、水田を試作したと記録されています。
苗は樺戸集治監からもらい受け、田んぼの見回りはクマよけの缶を叩きながらだったそうです。

その後、昭和の初めにも宮島沼から水をあげる揚水機場がありました。
2017-06-18_10-34-03.jpg
どのような経緯で建てられ、取り壊されたのかは調べきれなかったのですが、
石狩川の揚水機場が河川改修に伴う水位低下によって取水能力が低下し、当時は用水不足にあったとの記録があるので、それを補うためのものであったのかもしれません。

カタクリが群生していただろうかつての湖岸をたどり、
2017-06-18_10-51-07.jpg
沼の北側のミズゴケが生えていたエリアまで歩きます。

その先にある農村公園はかつて富樫小学校の跡地です。
2017-06-18_11-37-21.jpg
前身となったのは明治32年に宮島佐次郎さんの小屋で始まった寺小屋式教育で、明治42年には尋常科6年制度の富樫教育所となり、石狩川の岸辺近くに位置していました。

昭和35年には石狩川の築堤工事に伴って移転を強いられ、その際に国有林の払い下げを受けて現在の跡地に引っ越してきました。当時は動力が馬からトラクターに移行している時代。校舎を3か所に分断し、3月の堅雪の上を人、馬、ブルドーザーで引っ張ってきたそうです。

ちなみに富樫小学校が移転して9年目に、地域の4つの小学校が統合される形で西美唄小学校が開校し、富樫小学校は開校70周年を節目に閉校することになります。その跡地は開拓百周年事業として農村公園に生まれ変わり、整備後は地域総出で球技大会が行われ大いに盛り上がったそうです。

そんなこんなで約2時間、「宮島沼の原風景と歴史をたどる (パート1)」が終了しました。
次回はかつて地域の子どもたちの遊び場であった石狩川の砂浜と、美しい景観で人々を魅了したと言われる富樫甚社の池の痕跡を探します!

ガイドウォークのあとはこめ粉食Loveのみなさんによる農家ランチ!
2017-06-18_12-25-51.jpg
手作りみそのお味噌汁、手作り豆腐など、こだわりとおもてなしの品々をお腹いっぱいいただきました~。

デザートは米粉のシフォンケーキ。
2017-06-18_13-02-46.jpg
ごちそうさまでした!

次回は8月20日(日)!
お早目の参加申し込みをお待ちしております~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。